新型コロナウイルス感染癥(COVID-19)対応について

【11月26日】令和2年度日本學士院賞受賞 佐野 輝男 氏「ウイロイドに関する研究」による日本學士院賞受賞記念講演

このイベントは終了しました

 弘前大學名譽教授の佐野輝男先生は、ウイロイド研究の黎明期から現在に至るまで40年にわたり、最小の自律複製病原遺伝子であるウイロイドの生物學的?生態學的研究や診斷?防除法の開発など、総合的な研究を展開されてきました。その功績が認められ、日本の學術賞として最も権威ある日本學士院賞を令和2年に受賞されました。本記念講演ではそのご研究の一端についてご紹介いただきます。

開催內容

■ 開催日:令和3年11月26日(金)15:00~17:00
■ 開催場所:弘前大學創立50周年記念會館(弘前市文京町1番地)およびZoom配信
※會場(対面)での參加人數に限りがありますので、受付は先著順となります。定員を超えた場合は、オンラインでの參加となります。
■ 申込:こちらのフォームよりお申し込みください? https://forms.office.com/r/aPAStTZiaF

【問い合わせ先】
弘前大學農學生命科學部 田中和明教授 又は 総務グループ総務擔當
TEL 0172-39-3816 又は TEL 0172-39-3748 FAX 0172-39-3750
E-mail k-tanaka@hirosaki-u.ac.jp 又は nousei@hirosaki-u.ac.jp

受賞者紹介

佐野 輝男(さの てるお)
1979年に北海道大學農學部農業生物學科を卒業後、同大學大學院農學研究科に進學。
1981 年には北海道大學農學部助手に採用。1988 年に農學博士の學位を取得。
その後、1990 年に米國農務省ベルツビル農業研究所での在外研究員を経て、本學へは1992年4月に農學部の助教授として著任。
2005 年に農學生命科學部の教授に昇任。
當時発見されたばかりであった最小の自律複製病原遺伝子であるウイロイドについて、その生物學的?生態學的研究や診斷?防除法の開発など、総合的な研究を展開し、2021年3月に本學を定年退職。

【日本學士院賞授賞についての記事はこちら】
■日本學士院 第110回及び第111回授賞式の挙行について(日本學士院ホームページ
■本學部佐野輝男教授が2020年度日本學士院賞を受賞しました(農學生命科學部ホームページ
※過去のHIROMAGAに佐野先生のインタビュー記事が掲載されています。是非ご覧ください!
https://www.hiromaga.com/20200929-5930/

イベントカテゴリー 講演會等
開催日 2021年11月26日
開催場所 文京キャンパス
參加費 無料
ページ上部へ戻る
成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院