新型コロナウイルス感染癥(COVID-19)対応について

【11月21日】「2021年度 舊弘前藩藩校稽古館資料調査報告會」開催について

このイベントは終了しました

 弘前藩の藩校「稽古館」が所蔵していた古典籍資料は、現在、東奧義塾高校の図書館に引き継がれ、大切に保存?管理されています。これらは、近世の津軽地域における文化?教育のあり方や、知的営為を解き明かすための貴重な資料です。弘前大學人文社會科學部では、2014年に教員の研究チームを作り、以來、學部外?學外の研究者の協力を得ながら調査を行い、隨時成果を報告してきました。調査は8年目、今回の調査報告會は8回目となります。今年は、特別講師として、土田健次郎先生(早稲田大學名譽教授)をお迎えし、江戸時代の思想動向について弘前藩も視野に御講演いただくほか、調査メンバーが各専門分野の立場から最新の研究成果を報告いたします。皆さまのご參加をお待ちしております。

詳細

■ 日時:2021年11月21日(日)13:00~16:00(開場 12:30)
■ 場所:弘前大學?人文社會科學部4階?多目的ホール(弘前市文京町1)
※定員制40名(通常定員84名)
※Zoomによるオンライン同時配信(事前予約制?最大300名)
※社會狀況によっては、全面オンライン開催に変更し、會場への來場參加を中止する場合があります。

■ 參加費:無料

プログラム

【開會】13:00
 開會の辭 弘前大學人文社會科學部 學部長 飯島 裕胤
 ご挨拶  東奧義塾高等學校 塾長 コルドウェル ジョン
【第1部:特別講演】13:10~14:10
「江戸時代の朱子學と古學」 
 早稲田大學名譽教授 土田 健次郎 先生
【第2部:研究報告①】14:20~15:10
「弘前藩藩校稽古館舊蔵資料調査の経緯と成果―未來へ向けて―」
 大正大學教授?前 弘前大學人文社會科學部教授 渡辺 麻里子
「弘前藩校稽古館の蔵書―蔵書目録と古典籍調査を踏まえて―」
 弘前大學名譽教授 植木 久行
【第3部:研究報告②】15:10~15:50
「東奧義塾高校図書館蔵『遭厄日本紀事』について」
 弘前大學大學院人文社會科學研究科修士課程(日本史) 楠美 佳奈
「東奧義塾高校図書館蔵 狂言小謡本について」
 弘前大學人文社會科學部助教(日本古典文學) 中野 顕正
「東奧義塾高校図書館所蔵日本思想史関係典籍群について」
 弘前大學人文社會科學部準教授(日本思想史) 原 克昭
【コメント?総括】
 日本大學準教授?前 弘前大學人文社會科學部準教授 武井 紀子
【閉會】16:00
 閉會の辭 弘前大學人文社會科學部 副學部長 荷見 守義

【申し込み?お問い合わせ】
弘前大學人文社會科學部地域未來創生センター(古川?原)
TEL:0172-39-3198(直)※平日10:15~17:00
Mail:irrc@hirosaki-u.ac.jp(古川) harak@hirosaki-u.ac.jp(原)

イベントカテゴリー 講演會等
開催日 2021年11月21日
定員 40名(先著順)
參加費 無料
ページ上部へ戻る
成年美女黄网站色大片免费看,亚洲高清国产拍精品嫩草影院